一般社団法人泥土リサイクル協会

協会関連ニュース

公開講座「建設副産物および循環資源の有効利活用」開催

掲載日:2018年11月27日

開催日時:平成30年10月31日(水)
開催場所:エル・パーク仙台(仙台市)
【共催】資源循環コンソーシアム/宮城県建設発生土リサイクル共同組合/泥土リサイクル協会
2018年10月31日(水)にエル・パーク仙台(仙台市)において、資源循環コンソーシアム(代表:宮城大学 教授 北辻政文)、宮城県建設発生土リサイクル共同組合(理事長:赤坂泰子)、泥土リサイクル協会(理事長:木村孟)の3団体共催で、『建設副産物および循環資源の有効利活用<再生利用時における品質管理の在り方>』と題して、公開講座を開催致しました。
当日は東北地方の自治体やゼネコンを中心に120名の方にご出席頂き、建設汚泥を処理した物を利活用するための話や建設発生土リサイクルの現状について、また現在建設副産物である廃石膏ボードにおいては、環境安全性を踏まえたリサイクルに向けてのガイドライン策定に取り組んでおり、「再生石膏粉の有効利用ガイドライン(試行版)」についてもご紹介致しました。
ご出席頂きました皆さまにおかれましては、業務ご多忙の折、誠にありがとうございました。

飛田様(東北学院大学 教授)

遠藤様(国立環境研究所福島支部 室長)
 
Copyright © 2005-2015 Mud Recycling Association. All Rights Reserved.

ページTOP